新感覚の「食のアミューズメントパーク」を宮崎にオープン!

クラウドキッチン

私たち合同会社クラウドフードサービスは、ひとつの店舗に複数のシェフが腕を振るう「シェアキッチン」の企画運営を主たる事業としています。

大阪を中心としたエリアでシェアキッチンやクラウドキッチンの店舗展開を広げていく中で、なんとこのたび、宮崎市内でご縁をいただき、繁華街にある一戸建ての建屋をリノベーションした国内最大級のシェアキッチンしょくの杜 ご当地グルメ宮崎横丁』をオープンすることとなりました!

宮崎市中央通り6-16の現地では、今夏の開業に向けて店舗づくりを進めています!!!

今回の店舗は、大型施設内に最大14店舗のシェアキッチンを設け、様々な都道府県の郷土料理を専門とした“ご当地グルメのお店”としてアレンジすることで、日本各地の特産物がここ1店舗で味わえる食のアミューズメントパーク。

 いつ訪れても、その日その日でいろんな地方の味を楽しむことができ、メニューはどれもテイクアウト&イートインで三密を防ぎながら召し上がっていただける工夫を凝らします。



今はもう毎日いろんなことを、考えて!決めて!実行して!と大変です💦

リモートの打ち合わせだけではどうしても伝わらない事も多く、時間を区切ってミーティングをおこなう中で、これからのwithコロナの時代にマッチした新しい飲食サービスのヒントを探ったりもしています。



お店それぞれのロゴ案も自社デザイナーが提案して、合同会社のメンバーで検討します。

なんでも業者さんに依頼するのではなく、当社の強みである「合同会社」としてのメンバーの特性をいかした店舗設計で、他店とは一味違うプロデュースができるようにトレーニングしています。



店舗内のイメージスケッチやパースなどもできるだけ自分達で作成して検討しています。

当社のメンバーには、飲食業界で活躍してきた調理師だけでなく、フードコーディネーターやキッチンプロデューサーや、デザイナー、コピーライター、カメラマン、webコンテンツのプログラマーなど、多彩な人材が集まっています。いわゆる一般的な飲食店では大手企業にしかできない仕事を、少数精鋭でしかもコンパクトにスピーディーに実行できることが、私たちの強みです。

本件のほかにも同時進行で数社のクライアント様とタッグを組み、シェアキッチンを活用した新規ビジネスの立ち上げや、官民協同施設でのシェアキッチンブースのプロデュース、キッチンカー製作から出店イベントの企画運営までのお手伝いなど、様々な取り組みに参画させていただいております。

コロナ禍で苦しむ飲食業界の方々に、新しい気付きを提案し、チャンスを構築すること。できるだけ少ないコストでロングランが可能な事業計画のご提案をすること。私たちはそういったミッションを、各メンバーのこれまでのキャリアをMIXして抽出することにより、実現していきます。

しんどい…と下を向かずに、ご相談ください!

私たちができることで、同じ飲食の世界で生き残るために、寄り添いながらお手伝いさせていただきます!

タイトルとURLをコピーしました